『辛い借金から抜け出すための3ステップ』とは?

【自己破産/体験談】自己破産すると住宅ローンは組めないの?

【自己破産/体験談】自己破産すると住宅ローンは組めないの?

自己破産するとどんなデメリットがあるか気になりますよね。

私も自己破産するまでは、自己破産すると色んな制約ができて、普通の暮らしは送れないのではないかと漠然と考えていました。

実際には確かにいくつかの制約があるものの、普通に暮らしていくには特に問題はありません。

では自己破産するとどんなことに制約が出るのでしょうか。

制約はお金に関わるものに出てきます。

今回は自己破産して発生するお金に関わる制約の中から、住宅ローンについてはどうなるのか、私の体験談をお伝えします。

家を買いたい!しかし…住宅ローンを申し込む時には審査がある

憧れのマイホーム。住宅ローン減税や低金利の影響で、今は住宅を購入する人も多いと思います。

家を購入しようと思っても、現金でポンと購入できる人は少ないですよね。

そうなると住宅ローンを組むという話が出てくるかと思います。

この住宅ローン、組むとなるとお金を貸してくれるところの審査が必要になります。

住宅を購入する場合、借りるお金の金額もかなり高額になるので住宅ローンの審査はかなり厳しいです。

まず住宅ローンを組むためには、「事前審査」と「本審査」の2回審査があります。

事前審査に通って初めて本審査に進むことができます。

自己破産すると住宅ローンは申し込めても審査に通らない

自己破産すると、この事前審査はまず通りません。

住宅ローンの審査は多額のお金を借りることになるので、クレジットカードの審査とは訳が違います。

自己破産したことで、この人は自己破産しているという情報が“信用情報機関”に登録されます。

住宅ローンの審査の際は、必ずこの信用情報がチェックされますので、審査でNGという結果になります。

よく自己破産したという情報が、信用情報機関に5年〜10年残るといわれます。

私は自己破産して5年がたちますが、まだこの信用情報機関にはしっかり情報が残っているようで、住宅ローンは元より、クレジットカードも作ることができません。

クレジットカードに関する話は別の記事でまとめていますので、よかったら見てみてください。

【自己破産/体験談】結婚して名字が変わるとクレジットカードは作れるの?自己破産しても結婚して名字が変わるとクレジットカードは作れるの?実際に結婚してわかったこと。

私の担当の弁護士さんからは信用情報機関に、自己破産したという情報が10年以上残る可能性もあるといわれています。

このことから、自己破産すると住宅ローンはかなりの期間、組むことができなくなると思った方が良いです。

また、共働き夫婦が家を購入する場合、住宅ローン減税という政策により、購入する家のローンを夫婦それぞれで住宅ローンを組む方が節税になります。

例えば住宅ローンとして5,000万円借りた場合、夫が2,500万円、妻が2,500万円と半分ずつ
住宅ローンを持ち合うようなことです。

家を売るセールスマンもこの住宅ローン減税の仕組みがあるのを知っていますから、夫婦で住宅ローンを組むことを勧めてくるケースは非常に多いです。

家を売るセールスマンは、事前審査については「まずはやってみましょう!」という形で軽く勧めてくるかもしれませんが、自己破産していた場合、まず審査は通りません。

相手に自己破産したことを伝えていない場合、思わぬ形で自己破産がバレてしまう可能性がありますので、住宅ローンの審査をする場合は気をつけてください。

たとえ住宅ローンの審査に落ちたとしても、何が原因で落ちてしまったかについては理由は教えてもらえません。

それは家を売るセールスマンも同じですので、審査に落ちた原因が即座に自己破産と結びつくわけではありませんが、注意した方がいいです。

なお、夫婦で住宅ローンを審査した場合、自己破産が原因で審査に通らないのは自己破産した方の名義で審査に出した住宅ローンの方だけです。

相手が住宅ローンの審査に通る条件を満たしていれば、相手の住宅ローンは審査に通ることになります。

【まとめ】自己破産すると住宅ローンは組めない

自己破産すると、残念なことにかなりの期間、住宅ローンは組むことができません。

しかし、自分名義ではなく、相手が住宅ローンの審査が通る条件を満たしていれば、相手だけで住宅ローンを組むことはできます。

私の場合は、住宅ローン減税を諦め、夫だけの名義で住宅ローンを組むことで家を購入しました。

自己破産すると自分1人だけでは住宅ローンを組むことはできませんが、家族の助けがあれば住宅ローンを組んだり、マイホームを手に入れることはできます。

自己破産して約5年。

お金で悩んでいた5年前では想像もできませんでしたが、自己破産して普通の生活を取り戻して、コツコツ働いて…

自分1人だけの力ではありませんが、夢のマイホームも持つことができました。

自己破産すると、その先の人生はお先真っ暗でもう普通の生活も送れず、人生の負け組のように生きていかなくてはいけないのではないかと思うかもしれません。

私自身も、自己破産する前は自己破産したらこれからの生活がどうなってしまうんだろうと不安でした。

自己破産するという選択肢というより、そもそも弁護士などの専門機関に相談することもできず、1人で抱え込んで悩んでいました。

しかし今に思えば、もっと早く専門機関に相談すればもっと早く前を向いて生活できていたと思いますし、自己破産をしない選択肢も取れたのではないかと思います。

お金について1人で悩むことは苦しくて苦しくて、本当に辛いことだと思います。

何より気軽に周りの信頼する人たちに相談しにくいため、余計に1人で辛いですよね。

ですので、お金について悩んでいるのであればどうか一刻も早く専門家に相談してみてください。

専門家はプロですから、あなたの悩みに対して何が一番適切なのかしっかりアドバイスしてくれますよ。

どうか1人で悩まず専門家に相談して、私のように前を向いて生活できるようになりますように。

今を変えるため一歩踏み出そう

無料で専門家に相談する
※相談は何度でも無料、匿名でもOK