『辛い借金から抜け出すための3ステップ』とは?

失敗しない自己破産の弁護士の選び方

失敗しない自己破産の弁護士の選び方

「自己破産を考えているけど、どの弁護士に相談したらいいんだろう。」
「たくさん弁護士事務所があるけど、どう選べばいいのかな。」
「自己破産するのに、弁護士と司法書士はどっちがおすすめ?」

この記事ではこんな疑問に答えます。

自己破産を考えるとまずぶつかるのが弁護士選び。

そもそも自己破産の相談をしようとなっても、自分の生活の中で弁護士に関わったことがある人ってほとんどいないので全然わからないですよね。

たまに過払い金のCMで法律事務所の名前が出たりしますが、ピンポイントで自己破産というのはやっていなかったりします。

ネットで法律事務所を検索してもたくさん出てくるし、口コミも良いものもあれば悪いものもある結局どこがいいの?!って悩みますよね。

そこで今日は、実際に自己破産を経験した私が、自己破産を考えたときの失敗しない弁護士選びのコツをお伝えします。

自己破産を考えはじめたあなたへ

 

自己破産を考え始めたあなたへ

 

・借金の返済がキツイ
・この借金は返せる金額なのかな…
・毎日お金のことを考えて辛い

 

今のあなたはこんな風に思っていないですか?

 

断言します。
あなたが借金で辛いのは『辛い借金をどうにかする方法を知らない』からです。

 

リボ払い、奨学金、住宅ローン…世の中には借金をしている人はたくさんいます。

けれどほとんどの人は借金に押しつぶされず暮らしているのです。

 

本来であれば借金は大変だけど”辛い”ものではありません。
もしあなたが辛いと感じているのなら、辛くない借金に戻す必要があります。

 

そのためにはどうしたらいいか。

それは『弁護士や司法書士に相談する』ことです。

 

とはいっても「いきなり弁護士や司法書士、法テラスに相談に行くのはハードルが高い…」ですよね。私もそうでした。

 

そんなときはまず無料の減額診断やチャット相談を利用して、自分の借金の状態を知るところから始めましょう。

 

「何かやらないといけないの?めんどくさいな…」そう思うかもしれません。

でもこのちょっとした一歩があなたの人生を大きく変える可能性があります。

 

あなたの人生より大事なものはこの世にありません。

どうか自分の人生を諦めないで、一歩踏み出してみてください。

 

 

24時間OK、完全匿名OK!

チャットで無料相談する 
※1分以内にすぐに返信がきます

 

3つの質問でまずは簡易診断!

      無料減額診断する       
※診断結果はメールか電話で来ます

失敗しない自己破産の弁護士の選び方

自己破産に強いおすすめの弁護士事務所

早速ですが、自己破産を考えたときの弁護士選びのポイントは以下の3つです。

  1. 弁護士との相性
  2. 有名な弁護士=自分に合うとは限らない
  3. 弁護士を選ぶのはあなた

弁護士はあなたの人生の大きなターニングポイントをサポートしてくれる大事な存在。

「うーん、ちょっと微妙だけど、この人でいっか・・・」と選んでしまうと後悔が残ってしまいます。

最悪、手続きを進めていた弁護士を変えて違う弁護士にお願いしなくてはいけなくなることも。。。

そんな辛い事態を引き起こさないためにも、失敗しない弁護士選びのコツを説明していきますね。

ポイント1. 大事なのは弁護士との相性

弁護士選びで一番大事なのは担当弁護士との相性です。

自己破産の手続きを進めると、あなたの借金の原因や家計の状況、貯金額など、普通であれば他の人に話さない情報を弁護士に伝えることになります。

そのため「この人なら安心して話せる」「信頼してお願いできる」という必要があります。

弁護士に依頼するときは、必ず対面で会わなくてはいけないと決められています。

弁護士は、依頼主と会わずに債務整理事件の依頼を受けてはいけないのが原則です(弁護士と会って依頼をするのが原則です)。
原則として、受任する弁護士が自ら個別面談をして、事件の依頼主の事情を聴かなければなりません(規程第3条)。
引用:日本弁護士連合会

実際に会ってみて「この弁護士にはなんか話しづらいな」と思ったり、この人ちゃんと手続きをしてくれるのかな」といった信頼がないようであれば、違う弁護士を選ぶことをおすすめします。

自己破産の手続き自体は1,2日で終わるものでもなく、付き合いは半年近くになります。

ちょっとこの人とは気が合わないかも…という人と半年も苦楽を共にするのは嫌ですよね。

これからの明るい未来に向けた人生を再スタートする手助けをしてもらうわけですから、気持ちのいい人を選びましょう。

実際、私も弁護士は選んでいます。

テレビドラマなんかを見ていて、熱血な弁護士の方がいいなと思っていましたが、実際には冷静で淡々と進めてくれる弁護士の方が気が合いました。

私の借金の理由については『1.借金のキッカケ:ある日母に言われた突然の言葉「お金を貸してほしい」』にまとめていますが、変に借金を背負った理由について慰めも同情もして欲しくありませんでした。

その点でいうと私を担当してくれた弁護士は私の事情にはあまり興味がなさそうで、人によっては冷たいと感じるかもしれませんが、当時の私にはそれくらい事務的に進めてくれた方が良かったです。

頭の中で想像しているのと、実際に会うのとでは感じ方が違いますので、弁護士を決めるときは事務所のホームページや電話の印象だけでなく会ってからにするようにしましょう。

ポイント2. 有名な弁護士事務所=あなたに合うとは限らない

「弁護士なんて全然わからない…」と思うと、聞いたことがある!という弁護士事務所を選びたくなりませんか?

もちろんそれでも構いませんが、有名な弁護士事務所があなたに合うとは限りません。

最初に相談しにいく弁護士事務所として有名なところを選んでもいいですが、大事なのは話しやすくて信頼できるあなたに合った弁護士であるかどうかです。

今は弁護士への相談が無料のところも多いので、まずは実際に弁護士と会って話してみて、あなた自身に合うか合わないか確かめてみましょう。

 ポイント3. 弁護士を選ぶのはあなたです

自己破産をする際の弁護士の費用は決して安くありません。

実際に会ってみて合わないと思ったら断っていいですし、どの弁護士にするかはあなたが選んでいいんですよ。

病院にいって、自分の症状を伝えて診断結果を聞いた時に、なんだかこの医者がいってることは信用できないと思ったら、違う病院にいったりしますよね。

それと同じで、借金の相談をしてみて、自分の状況に対して納得のいく答えが返ってこなかったら、別の弁護士事務所に行っていいんです。

借金という問題を抱えているとつい気持ちが弱くなってしまうこともあると思いますが、弁護士を選ぶのはあなたです。

自分の希望を伝えてうまく折り合わないならやめましょう。

世の中にはたくさん弁護士がいますよ。

口コミに左右されないで、自分で自分に合う弁護士か確かめよう

弁護士事務所の口コミを見ると、こんなことってないですか?

・とても最悪な事務所でした!違うところをお勧めします。
・親身になって相談にのってくれて、本当によかったです。

全く正反対の評価が書いてある・・・。どっちが正しいんだろう?と思いますよね。

「変な弁護士を選んでしまったら大変だ…」と思えばこそ、余計に口コミは気になると思います。

でも安心してください。弁護士はよっぽどでなければどこを選んでもさほど変わりません。

なぜなら自己破産の手続きとしてやることは決まっているからです。

ただし悪徳弁護士が世の中にいることも事実ですので、きちんと選ぶことは大事です。

ではなぜここまで口コミが良い悪いがハッキリわかれてしまうかというと、やはり自分の大切な人生の選択を任せている分、評価がシビアになるからではないでしょうか。

あなたがマクドナルドの店員さんの1人の態度が横柄であったからといって、悪い口コミを投稿したり、その口コミを気にしてそのマクドナルドに行かなくなったりはしないはずです。

しかし弁護士はそうはいきません。高い費用を払って、あなたの人生を左右する大きな問題をサポートしてもらうのですから、相手に気持ちよく接してもらえてるかどうかがとても気になるポイントになるのです。

弁護事務所に対する賛否両論の評価は、弁護士選びほどその相手(=弁護士)との相性が大事だということを物語っています。

ちなみに私がお世話になった弁護士事務所も悪い口コミがありましたが、私はとても良い事務所だと感じました。

熱血漢もいれば、冷静で感情を表に出さない弁護士もいます。

どちらがあなたに合うかは、人の性格によって答えはまちまちです。

口コミの評価に惑わされずに、自分が弁護士に会って感じた感覚を大切にしてみてください。

女性の弁護士を選ぶなら「名村法律事務所」がオススメ

弁護士に相談するなら、同じ女性がいいな…と思う人は多いのではないでしょうか。

私も男性の弁護士に相談に行くのはどこか不安でしたし、借金の理由を話したときに男性弁護士に怒られたらどうしようかと思っていました。

そんな方は、女性の弁護士と女性の相談員(=弁護士とあなたとの連絡役のような方)で対応してくれる「名村法律事務所」がオススメです。

相談員が女性とというところはよくあるのですが、弁護士まで女性を指名できるところはほとんどありません。

夫や彼氏のこと、妻としての家庭の問題など、女性にしかわからない女性の悩みや辛さってありますよね。

女性の弁護士に相談したい場合は、ぜひ女性専用窓口がある「名村法律事務所」も検討してみてください。

> 女性の弁護士が担当!女性専用の無料相談「名村法律事務所」をみてみる

自己破産の弁護士選びでよくある疑問

弁護士選びでよくある疑問

私はツイッター(@SakiSono)で自己破産の相談をもらうことがあるのですが、ここではその中でも弁護士を選ぶ上でよく質問いただく内容についてまとめてみました。

弁護士選び以外の自己破産に関する質問は下記にまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自己破産のよくあるQ&A自己破産のよくあるQ&A

Q1. 弁護士の費用はどれくらいかかりますか?

弁護士費用は、弁護士事務所によってピンキリなのですが、だいたい50万円前後というのが多いようです。

私が自己破産した際は、着手金20万円、報酬金20万円、その他の雑費が10万円かからないくらいで、全部で50万円弱でした。

私は自己破産した際に財産をまったく持っていなかったので「同時廃止事件」という形になり、自己破産の中でも費用は安い方でした。

でも50万と聞くと、決して安い金額ではないですよね。

先ほど紹介した女性の専用窓口がある名村法律事務所のように、費用を分割払いにしてくれるところもあるので、弁護士に相談する際は、費用や支払い方法についても聞いてみるといいですよ。

Q2. どのくらいで期間で自己破産できますか?

私は弁護士に正式に依頼してから自己破産の手続きが完了するまで、半年かかりました。

だいたい平均すると3ヶ月〜半年が普通のようです。

私が半年かかった理由としては、自己破産を進める上で必要な書類を提出するのに時間がかかっていたり、書類の修正をいつまでもやらなかったためです。。。

自己破産の手続きを始めて、書類をすぐに用意して、弁護士からの書類の修正依頼もすぐに対応していれば、3ヶ月ほどで完了できると思います。

ただしこれはあくまで私のように財産がない場合で、財産があり整理する必要がある場合は、プラス半年かかるというのが普通のようです。

Q3. 弁護士と司法書士はどっちがいいと思いますか?

一概に弁護士と司法書士のどちらがいいとはいえませんが、個人的には弁護士をおすすめします。

でも弁護士の方が司法書士より金額が高いんですよね。弁護士費用はだいたい司法書士の2倍です。

私が自己破産した際は弁護士にお願いしたため、司法書士の場合はどうなのかわからないのですが、弁護士にお願いして不満はありませんでした。

むしろ弁護士に正式に依頼してから1年間ばっくれたり、平日は全然電話に出なかったり、手続きの書類の提出が遅かったにも関わらず、ずっと丁寧にサポートしていただきました。(私が依頼した弁護士さんがよかっただけかもしれませんが)

自己破産の手続きが進むと、裁判所で裁判官に自己破産の内容について聞かれるいわゆる“審尋”というものがあるのですが、弁護士はこれにも同席してくれました。

この“審尋”というのがとてつもなく緊張します。

10分ほどで終わるので人によっては大したことではないかもしれませんが、人生で初めての裁判所で、自己破産できるかどうか決まる面談ですから、小心者の私はこれに同行してもらえただけでも弁護士に依頼してよかったと感じました。

弁護士と司法書士で迷っている場合は、費用の差がある通り、弁護士にできて司法書士にできないこともあるので、自分の場合どちらがいいのかは実際に相談に行って決めた方がいいです。

自己破産の前に知っておくべきこと【自己破産以外の選択肢】

自己破産の前に知っておくべきこと【自己破産以外の選択肢】

今この記事を読んでいるあなたは、借金を整理するには自己破産しかないと思っているかもしれません。

私も弁護士に相談に行くまでは、借金をどうにかするには自己破産しかないと思っていました。

でも実際に弁護士に話を聞いてみて、自己破産以外に方法があること、そして自己破産のデメリットや、自己破産以外の方法のメリットデメリットも知りました。

その上で、その時の自分の状況にとっては自己破産が最良だと思って選択しました。

自己破産には借金が0になるというメリットがある一方で、『【自己破産した私の本音】自己破産しなければよかったと思うシーン5選』の記事でもまとめている通り、デメリットもあります。

自己破産を考えているあなたは、これから人生をやり直して明るい未来を手にするために一歩を踏み出そうとしている人だと思います。

そんなあなたのこれからの人生を大切にする上でも、借金を整理する上でどういった選択があるのかまず知りましょう。

自己破産以外の選択肢を知った上で、自己破産を選択したのとしないのでは、納得感も含め大きく違います。

ぜひ弁護士に会いに行く際は、最初から自己破産という選択だけに固執せず、今のあなたの状況の中でどんな選択が取れるのか相談してみてください。

まずは一歩踏み出してみることが大事

まずは一歩踏み出してみることが大事

と、ここまでお伝えしてきましたが、いちばん大事なことはまず一歩踏み出してみることです。

弁護士があうかどうかは会ってみないとわかりません。

自分の今の借金の状況は自己破産をするべきなのか、それとも他の方法が取れるのか相談してみないとわかりません。

1人で悩んでいるよりも借金問題の解決のプロに相談した方が借金の問題は早く解決します。

ただでさえ借金で悩んでいて疲れているのに、さらに弁護士に会いに行くという新しいことをすることは少し大変なことかもしれません。

しかし、借金から解放され明るい未来に向けて人生をやり直すには、どこかで歯を食いしばって頑張る必要があります。

私もそうでした。借金問題を直視するのが嫌で逃げてばかりいました。

でもどうにもこうにもいかなくなって、歯を食いしばって借金と向き合って、弁護士へ相談に行きました。

その結果、今は温かい家族に囲まれ、自他共に認める幸せな生活を送っています。

自分の生活を変えられるのは自分だけです。

この記事をここまで読んだあなたならできるはずです。まずは一歩踏み出してみましょう。

今こそ一歩踏み出そう

おすすめの弁護士に
無料のチャット相談をする 

※コロナ対策にまずはチャット相談がおすすめ

Twitterで自己破産や借金に関する質問を受付中
「自己破産しようかな…でも不安。」
「自己破産するとどうなるの?ちょっと話を聞きたい。」など

私の体験したお話でよければ、相談にのっています。

サキのTwitter(@SakiSono)をフォローの上、DMください^^

匿名の質問箱でも受け付けています!

この記事を読んだあなたにオススメの記事

借金150万は自己破産した方がいい?それとも返済できる? 借金150万で自己破産した私が伝えたい“借金150万のリアル” 借金150万は自己破産した方がいい?それとも返済できる? 借金150万で自己破産した私が伝えたい“借金150万のリアル” 辛い借金から抜け出すための3ステップ|誰も教えてくれない正しい借金との向き合い方 辛い借金から抜け出すための3ステップ|誰も教えてくれない正しい借金との向き合い方 【自己破産した私の本音】自己破産しなければよかったと思うシーン5選 【自己破産した私の本音】自己破産しなければよかったと思うシーン5選 自己破産した女と結婚した男の本音〜自己破産した私と結婚した夫にインタビューしてみました〜 自己破産した女と結婚した男の本音 – 自己破産した私と結婚した夫にインタビューしてみました –